2018.04.27 FRI 19:00-29:00

INNER LANDSCAPES

TIME:

19:00-29:00

Entrance:

+1order

INNER LANDSCAPES
3.05-0.4.22

東京をベースに活動する三人が、世界各地を旅する中で出会った風景。

今回は、自己の内面や抽象的な線や光に対する美意識、物事の本質についての考察など様々なものをこれらの風景を通して表現するということを試みた。この展示が新たな自己の内面と向き合うきっかけとなれば嬉しく思います。

Covering the works of three Japanese based nomadic spirits, “Inner Landscapes” explores their encounters with the environments, landscapes, and textures they have encountered around the world. As perceived through their minds eye, they hope to convey the intersection of the minds ability to abstract and understand, or rather, gain insight into the subtle beauty of things “as they present themselves”. Join us for a panoramic exploration into your own inner landscapes.

Matthew Gammon

===================

▪️Exhibition Opening Party
3.11.sun 17:00-23:00 ¥1000

▪️Exhibition Closing Party
4.22.sun 17:00-23:00 ¥1000

===================

▪️OPEN
Mon-fri 19:00-5:00
Sat 12:00-5:00
San 12:00-24:00

***不定期で休業日もございますのでスケジュールをご確認ください。
http://bar-orbit.com/schedule/

=======================

Artist:

【PROFILE】

▶️Matthew Gammon / Graphic Designer

Never ceasing to be enchanted by the awe inspiring beauty of the natural world, Matthew is a Tokyo based graphic designer, photographer, and music producer, who has spent years traversing the globe. In doing so he always has keen eye to try and convey how nature can convey unexplainable beauty and give rise to a profound ability to lose oneself. Through his own inner sene and experiences, utilizing the medium of canvas illustration prints photographic prints, he hopes to convey some of his own inner journeys.

===================

▶️Yumiya Saiki / Photographer
http://www.yumiya-saiki.com

2014年、5年間勤めた会社を辞め世界を旅し始める。2016年夏30歳になったことを機に、ハマっていた海外のレイヴカルチャーを切り口にして突如写真活動を開始。その夏に撮影した世界三大トランスフェスティバルとも言われるBOOM FESTIVAL(ポルトガル)の写真がオフィシャルサイトに採用されたことから、世界中のダンスミュージックフェスティバルの写真をオフィシャルフォトグラファーとして片っ端から撮影。ヨーロッパ、日本、オーストラリア、北米・中米などの夏を追い、参加した屋外音楽フェスティバルの数はこの1年で20以上。昨年の夏は国内ではFUJIROCK FESTIVAL, 国外ではアメリカにて開催された皆既日食のイベントOREGON ECLIPSEやBURNING MANなどに参戦した。

海外の音楽フェスティバルでの写真撮影を軸としながらその周りを旅するのがもっぱらのスタイル。2018年1月に帰国し、現在は東京をベースに新たな指針の元、次なるステージに向けて研鑽を重ねている。

今回はあえてフェスティバルには焦点を当てず、その旅の中で撮りためた写真の中から本人のテイストがより強いものをセレクトし、展示する。

===================

▶️Kalakmul / Photographer

Kalakmul has been searching for something that can only be found by getting lost. In the process he has left seemingly aimless footprints that suggest nothing more than the following insight: While the simplest path between two points is a straight line, it rarely offers the best scenery.

Exhibit Info:
"What is—never was—nor will it ever be.
What is ever changing is ever unchanging.
What is always present is always hidden.
Thus, all things are illusion."

Kalakmulは道に迷った物だけが見つけられる物を探し続けている。そして、目的のないかのように続く足跡を残した。それは二つの物を結ぶ一番簡単な道は直線だけれど、そこで素晴らしい景色を見つける事は難しいという事を示しているのだった。

”そうなものは、そうではなく、決してそうならない。
絶え間なく変わり続けるものは不変である。
常に存在しているものは常に隠れている。
それゆえに、全てのものは幻である。”